自分達で作る理由を共有しよう

物事を一から学ぶのは大変な苦労があります。web制作のような特殊な知識を必要とするものは、特に困難が大きいです。まず自分たちでホームページを作ることの利点を上げてみましょう。そうすることで困難が立ち塞がったとき共通の認識があるので、力を合わせて乗り越え易くなります。 自分達でホームページを作れば、更新がすぐにできます。気づいた時に修正や更新ができるので、タイムラグがなく情報を発信できます。管理会社が倒産したときのリスクを減らすことも利点です。必要なデザインデータが紛失してしまえば、一から作り直すことになり、親しんでいた物を捨てなくてはならなくなります。 自作する一番の利点は、会社の事を最も知っている者が作ることができると言うことです。自分達の強みや弱みは外からではわかりません。社会に深く知ってもらうには相応の努力が必要になります。

web制作の実際の手順を学ぼう

すでにコンセプトは整っているので、実際のweb制作にすぐ移ることができます。 大まかな制作の流れをみていきましょう。サーバーとドメインの取得をして、サイトマップを作成し、個々のレイアウトを決めます。それからCMS(コンテンツマネジメントシステム)を設定して、コーティングを施し、ロゴやバーナーを貼り付けます。そのあとテストをして問題がないか確かめましょう。最後はHTMLを、最初に借りておいたサーバーにアップロードするだけです。 各工程で注意する点を確認しておきます。サイトマップは全体の設計図に当たるので、しっかりとイメージを固めておきましょう。レイアウトは見やすさを第一に考えるのがよいです。何を伝えようとしているのかがわからなければ、なにも始まりませんから。 web制作を通して会社がどういう存在なのかを改めて知れば、的確に相手に伝えられるようになり、社会と会社との距離も縮まるでしょう。